キャンピングカー生活をするアラサー女子の放浪ログ

日記 北海道

黄金とラジウムの温泉三昧!まだまだ道南を楽しみたいんだぁ!

お菓子くれなきゃ

イタズラするぶー!

ってことで、巷ではハロウィンイベントが流行っているので

思わず乗っかってしまった私たちですこんにちは!

あーこんな可愛い子ならば、いくらでもお菓子あげるぞおぉぉぉ!(←親バカ)

 

ってことで、そろそろ11月に突入ですね!

秋もそろそろ真っ盛り!一緒に秋を楽しんでいきまっしょおおぉぁい!(←テンション高いな)

 

それでは、前回の続きから!

道の駅「とうや湖」を出発した私たちは…

 

なんと!ニセコにまでリターンして

心残りだった「黄金温泉」に来てしまいましたぁぁ!!

実はニセコは2ヶ月前に一度訪れていたのですが…

その時は別の温泉に行ってしまったので、行けなかったことに心残りが生じていたのです。

 

なので洞爺湖に来たなら、まぁ行くしかないよねってことで

今年で3度目の黄金温泉と、美味しいお蕎麦を頂いてきました!

今年は新そばが混ざってるのかな?前回よりもフレッシュな印象!

音威子府そば張りに黒い田舎蕎麦と、丁寧に出汁が取られたそばつゆに

今年も舌鼓しながら満足の黄金温泉でございました!

(こちらの店主はご高齢ながら温泉管理&蕎麦提供を1人で切り盛りされているので、今後もご自愛の上で続けられることを願っています!)

 

そして道の駅「くろまつない」で再びお世話になったあとは…

(↑ここのピザが美味しいので、また食べてしまいました(笑))

 

道の駅から車で30分くらいの場所にあって、全国でも有名なラジウム温泉のひとつ

「二股ラジウム温泉」に初挑戦してきました!

実はここ、湯治目的の人も多いほど効力がすごいと有名な温泉なのですが…

口コミで、管理人さんが厳しい人という意見を見かけたので、若干ビビりながら訪れた私たちだったのです(^^;)

 

んで、実際に訪れてみたところ…

確かに、ちょっとぶっきらぼうかな?って感じはありましたが

ちゃんと話せば心優しい田舎のおじちゃん・おばちゃんという感じで一安心。ε-(´∀`; )

ってことで、心置きなく温泉にレッツゴーしてきました!!

 

なんと!アメリカのイエローストーンと二股ラジウム温泉にしかない湯の花が堪能できるんだとか!

(↑イエローストーンは入浴できないので、実質世界でココだけということですね!)

 

他の入浴者がいたので浴槽の写真は撮れませんでしたが…

こんな感じの、世界的な湯の花ドームを見ながら

(↓二股ラジウム温泉HPからお借り)

白くてシャリシャリとした湯の花が浮かぶ、すごい温泉を堪能してきました!

 

確かにこれは「杖ついてたおじいちゃんが、帰りに杖を忘れてしまうほどすごい」と常連さんが話してたのも納得!

最高の温泉をありがとうございましたぁぁーー!!

(↑こちらの温泉は男性は石鹸禁止、女性はなぜか石鹸が使えるものの、シャワーやカランはないのでご注意ください)

 

ってことで、二股ラジウム温泉にホクホクしたあとは

一気にバビュンと南へ向かい

八雲町の名物「二海カレー」を「伊勢屋」さんで堪能しつつ

(↑フライは揚げたて、カレーも意外とスパイスが効いて本格的で美味しかった!)

 

八雲町の「噴火湾パノラマ館」にお久しぶりー!

名前のとおり、すんごいパノラマですが

ここに来ると、もう北海道も終盤に近づいているという切ない気持ちになる場所でもあるので

ちょっとセンチメンタルな気分で景色を見渡しておりました。

 

そんな気持ちを紛らわそうと言わんばかりに、隣にある「ハーベスター八雲」にもお久しぶりしつつ

さらにバビュンと南へ向かい

森町のいかめしで有名な「柴田商店」さんにもお久しぶり!

夜のつまみを無事にゲーット!

近くにある道の駅「YOU・遊・もり」にお世話になりながら

着実に近づいている、北海道とのお別れを噛みしめつつ

残りの道南を、どぅなん感じで(←あ)回ろうか

まだまだ私たちの、最後の悪あがきは続きます!!

 

(そういえば道の駅「とうや湖」の展望台近くに、コスモスの花が咲いておりました)

(秋と言えば紅葉ですが、コスモスも秋の代名詞と言える花であることをすっかり忘れていました。日も落ちるのがどんどん早くなって、夜も10℃以下になってきて、冬の足音がコツコツと聞こえてきている最近です。ちなみにこちらの今日の日没は16:35でした!秋の夜長とは本当に言ったものだなぁとしみじみ思う今日この頃です)

ブログをメールで購読

 
ブログ更新をメールで通知します!ε=\_〇ノヒャッホーイ!!

下記の欄↓にメアドを記入してボタンをポチっと押しますと、登録確認のメールが届きます!(詳細はこちら

-日記, 北海道